microsoft-office

Excel: 関数の使い方

This post is also available in: 한국어 (韓国語) English (英語) 日本語

1_関数の基本

関数は、Excelの便利な機能です。 加算、減算、乗算、除算などの基本的な機能から、複雑で強力な関数まで、すべて備えたエクセルの基本技とすることができます。

関数は、関数名(引数)で行われ、その結果は、関数式を入力したセルに表示されます。 どんな関数でも使い方は同じです。

=SUM(A2:I2) は以下のような意味です。

SUM引数の合計を求めます。
A2:I2セルの範囲です。(セルA2からI2セルまで)

2_算術演算子

エクセルで使用できる算術演算子は以下の通りです。

=A2+B2セルA2とB2セルをプラス
=A2-B2セルA2からセルB2を減算
=A2*B2セルA2にセルB2を乗算
=A2/B2セルA2、B2セル分割
=A2^B2セルA2をB2乗する
=A2*B2%セルA2のB2パーセントを救う

上記の算術演算子を組み合わせて使用することも可能です。

数学の時間に学んだように、括弧()の中から計算されます。

3_比較演算子

Excelで使用できる比較演算子は以下の通りです。

=A2>B2A2がB2よりも大きい
=A2A2がB2よりも小さい
=A2=B2A2がB2と同じ
=A2>=B2A2がB2以上だ
=A2<=B2A2がB2以下だ
=A2<>B2A2がB2と異なる

数字のほか、一般的な文字を入力できます。

(文字の順序に従って大小が決定されることを確認することができます)

This post is also available in: 한국어 (韓国語) English (英語) 日本語

Archives

Recent Comments