windows-insider-preview

ウィンドウ10Xとマイクロソフトエミュレータをダウンロードする(サーフェスネオ体験)

This post is also available in: 한국어 (韓国語) English (英語) 日本語

この日がついにやってきた。昨年10月に発表されたSurface Neoに含まれていたWindows 10Xは、Windows 10Xをマイクロソフトエミュレータに運転できるようになりました(マイクロソフト365開発者の日のイベントで発表されました)。

Windows 10X Emulator 10.0.19563.0 (Preview)

ダウンロードリンクについては、以下を参照してください。(Windows ストアにリンクします)

Get the Microsoft Emulator and Windows 10X Emulator Image
1. Install the Microsoft Emulator.
2. Install the Windows 10X Emulator Image.

ソース: https://docs.microsoft.com/ko-kr/dual-screen/windows/get-dev-tools

以下のインストールのスクリーンショットを撮ります。

これは、通常のWindows 10とインストールされていません! 私は、Windows 10インサイダープレビューバージョン2004(OSビルド19564.1000)でそれをインストールしました。

ISOでWindows 10インサイダープレビューをきれいにインストールする方法を掲載しました。 ご参照ください。

Microsoft Emulatorをインストールします。

1. Install the Microsoft Emulator.

Windows(R) 10X Emulator Image 10.0.19563.0 (Preview)をインストールします。

2. Install the Windows 10X Emulator Image.

スタートメニューからMicrosoft Emulatorを実行します。
Microsoft Emulator Managerが起動されたら、セットアップされているOSイマージが現れます。
Hyper-V is not enabled. ハイパーVが必要です。
‘Hyper-V’を活性化します。(インストール後、再起動します)
Edit…をクリック。
Edit Emulator Device 画面で Memory 容量をMB 単位で選択します。 メモリー空き容量がある方は8192MB(8GB)を指定してください。
初めての実行ではYou do not have permission to run the emulator. というアラートが出ます。 Retry ボタンを押下します。
エミュレータはHyper-V 基盤です。 しばらく様子を見てみましょう。
10年前のような画面のですね。

10年前、2010年7月にWindows Phone 7開発ツールを起動したとき、同じ喜びを感じました。 Windows 10Xは10年後にどういう評価になるでしょう。

これは、Windows 10X のスタート メニューです。 それは現代的です。
スタート画面だけなので、メモリは約250MBしか使ってない状態です。

挙動について詳しいポストを書いてみます。 これからの発展を楽しみにしています。

This post is also available in: 한국어 (韓国語) English (英語) 日本語

Archives

Recent Comments